Key of Fun

アクセスカウンタ

zoom RSS 『青の祓魔師』第21話「秘密の花園」 感想

<<   作成日時 : 2011/09/04 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

惚れた弱み…

雪男に接触してきた人物…
それは雪男達の母親の父親だった。

祖父から知らされる母親の事。
母親はサタンの子供を宿した事によって、ヴァチカンから殺されてしまった事。
その父親と言う事で、祖父も今まで幽閉されていた事。

祖父が雪男に語った事が、すべて真実とは思えない…
母親は殺されたとしても、何で雪男と燐は生まれて来たのかが説明出来ない。
子供には罪は無いって事で、助けたのか?
その割には、現在燐の風当たりが強すぎだよね。
いくら義父の加護があったとしても、それだけでは説明つかないよね。
そもそもヴァチカンは堕胎は罪なのかな?
これだけ大きな組織なら、抜け道の1つや2つありそうだけど。

祖父はヴァチカンの今の状態を快く思っていない。
その為、現ヴァチカンを潰す為色々と画策しているようですが…
このタイミングで雪男に声を掛けてきたのには、色々と裏がありそうです。


ネイガウスが語る、妻との事。
奥さんは15年前死んでしまって、その後ネイガウスによって冷凍保存されていた。
しかし誰かが反魂の術を使い、生き返らせた。
だがその事がヴァチカンにバレてしまい、命を狙われる。
そして少しづつ、壊れていく奥さんを見ている事しかできないネイガウス…

燐はネイガウスの思いをしって、奥さんを探しに行く。

その頃しえみは、庭で倒れていた女の人を保護していた。

しえみは着々と、エクソシストとしての力を上げて来ているようです。
庭にいた、グリーンマンは前は見えなかっただろうに…
それにしても沢山いたね、グリーンマン。

燐に相談があると連絡する、しえみ。
拾った女の人=ネイガウスの奥さんの事を相談しようとしてた。
燐はその人物を、まさに探そうとしていた所で。
こう言う所、無駄に都合良いよね。

しえみの側にいるのが、探していた人物で。
刀を抜いて、切りかかろうとする燐。それを止めるしえみ。
おいまて、燐。
ネイガウスに奥さんを、会わせるつもりじゃなかったのかい?
こう言う燐の短気な所を止める為に雪男がいるんだが、今回はしえみが代わりに。
やっぱ、好きな子には甘くなってしまうのね。

燐はシュラに連絡。だがその途中、エンジェル達がネイガウスの奥さんを追いかけてやってきていた。

早いな。エンジェル。これが実力って奴か?
燐はまた切れて、エンジェルに喧嘩をふっかける。
…学習しようよ、燐…

あっさり返り討ちにされる燐。
しえみ達も捕まってしまって。
それでも燐は、守ろうとして。
それを見てミシェルは…

ネイガウスは只、妻と静かに暮らしたかった。
彼女が例え、死体でも長くない命でも…
しえみは守りたかった。
初めて会った「天原の庭」の話を知っている人。
傷つきながらもやさしい人を…

ネイガウスと奥さんとのシーン。
少女まんが好きには、美味しくて盛り上がる所なんですが…
ここまですると、逆にネイガウスの行動が重く感じられてしまい…
だって冷凍保存していた妻と、一緒に暮らしていたって…
最終的には2人の世界へ…見ているこっちは、重くて痛い気になるんだよ。

ヴァチカンの召集で、撤収するエンジェル。
しかしそのヴァチカンでは…

雪男反逆
すべては燐を守る為で、その為には何でも利用する。
たとえそれが祖父であろうとも。
そしてそのまま祖父の組織を乗っ取り、燐と平和な日々を過ごす…とかな展開だったら良いのに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
青の祓魔師 21話
バチカンが母さんを殺したんだ! というわけで、 ...続きを見る
アニメ徒然草
2011/09/08 22:14
◎青の祓魔師第21話「秘密の花園」
シエミが庭で倒れてる女性を運ぶ。ユキオが父に会う。母のユリは殺された。バチカンがユリを殺したらしい。いままで、父は幽閉されてた。そして、フジモトにもらったリンとユキオの... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/01/10 04:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『青の祓魔師』第21話「秘密の花園」 感想 Key of Fun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる