Key of Fun

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ルイスと未来泥棒』 感想

<<   作成日時 : 2011/05/05 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2007年公開

監督:スティーヴン・J・アンダーソン

あらすじ
発明好きのルイスは赤ん坊の頃孤児院の前に捨てられ、それからずっと孤児院で育ってきた。
そろそろ新しい養父母を見つけて、孤児院を出て行かなくてはいけない時が迫ってきた。
しかし面談にくる夫婦に対し、自分をアピールしようと発明品を見せるが、何時もその発明品の所為で失敗ばかり。
自分を養子にしてくれる人じゃなくて、本当の母親を探し出す。
そう思ったルイスは、昔の記憶を呼び戻す「記憶スキャナー」を発明。
「記憶スキャナー」の発表の日、またしても失敗してしまう。
しかしそれは、ルイスの発明品を狙う山高帽の帽子を被った男の所為だった。
落ち込むルイスの前に、ウィルパーと言う少年が現れて「記憶スキャナーを直せ」と言う。
おまけにウィルパーは未来から来たと言い出して、それを確かめるべくルイスはウィルパーの乗ってきた乗り物に乗り込むと…


感想

大切なのは過去ではなく未来だ。

何時までも過去の事をウジウジと引きずっていないで、未来を見て前に進み続けろ。


要約すると、こんな感じ。

ルイスと言いウィルパーと言い、今時の子供なのか、兎に角2人共人の話を聞きやしねぇ。
似た者同士な2人。
その理由は見ていればわかりますが。

人は誰でも本人にその気が無くても、周りに迷惑を掛けてしまうもの…
それをウジウジと引きずるって言うのもね…
これを見ていたら前にニュースで見た、昔虐められた事に仕返しで相手を殺したって言う事件を思い出したよ。

カエルが可愛いです。
すんごい人間クサ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ルイスと未来泥棒』 感想 Key of Fun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる