Key of Fun

アクセスカウンタ

zoom RSS 『戦国BASARA弐』第3話「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い」感想

<<   作成日時 : 2010/07/25 21:59   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

今回の主役は慶次。
自由気ままな風来坊。お家の事は、兄と姉に任せっぱなし。
だけどやっぱり大好きな家族が、戦いに赴くのはいただけない。
馬を駆り、進軍する目の前に飛び出て止めようとするも、利家の方も止まらない。

利家を迎え撃つは、謙信。
謙信の策。
利家が越後に進軍すると同時に、謙信の方も加賀に軍を送っていた。
その事を聞いて動揺を隠せない利家。
謙信の策に乗せられる形とはなったが、やはり自国が心配で加賀に一旦戻る事に。

しかしそこでは謙信の軍が待ち構えていた。
劣勢に立たされる前田軍。
そこへ慶次が乱入、前田軍に加勢に来たのではなく、こんな戦いをする利家を止めに来たのだった…


慶次、やっぱり今回のキーパーソン何でしょうか?
秀吉とも関係がありそうだし。

前作は、前半部分にはチョロチョロと出ていたけれど、後半部分は物語の展開上とはいえ殆ど出てこなかったからなぁ…
今回はどうなんでしょう?

今回利家VS慶次の戦いの最中に、意味ありげ〜なフラッシュバックがチラホラ。
今後のお楽しみって奴ですか?


政宗は前回の3方からの敵を何とか退けたようです。
でもボロボロ。
これから大阪に進軍し、ついでに片倉も助ける…
って、ついで?
これだからツンデレな政宗は。
正直に、小十郎を助けるのがメインと言いなさい。

そんな政宗の前に、秀吉登場。
大将がそうも簡単に出て来て良いのか?と言う突っ込みは置いといて、政宗VS秀吉の戦いは次回へ持ち越しの様です。


幸村は九州へ向かって、馬を駆っています。
馬…九州まで馬…てっきりどこかの港から、船で行くものかと…

途中の通る村々で、働いているのは老人や女子供が多い事に気が付く幸村。
これは働き手である男は、兵役に借り出されていないから。
幸村の近くで倒れる農民に、一度は助けるのを躊躇う幸村。
これから行く先々で、倒れた農民を救っていたら先へは中々進まない事を自分自身も知っていたから。
でも、やっぱり助けちゃう
こう言う所が幸村の良い所でもあり、馬鹿な所でもあるんだよね。

そして…ここにはいない筈の、声を聞く…

オカルト?いや怪談?夏だし、怪談にはぴったりの季節だけど。
お市の方は実は生きていました。って、オチじゃないよね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦国BASARA弐&ガンバは横浜に負け
戦国BASARA弐は当ブログOP挿入も ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2010/07/26 19:49
◎戦国BASARA弐第三話「慶次対利家!手取川に咽...
前田利家とマツが上杉謙信を全勢力で攻める。前田ケイジは止めに行くがスルーされる。カスガはケンシンさまに任せておけとケイジにいって消える。前田利家と上杉謙信が対峙する。謙... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2010/11/18 04:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『戦国BASARA弐』第3話「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い」感想 Key of Fun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる