Key of Fun

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レミーのおいしいレストラン』 感想

<<   作成日時 : 2010/06/11 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2007年公開

監督:ブラッド・バード

あらすじ
レミーはネズミだが、天才的な味覚と嗅覚を持っていた。
だがネズミにはその2つは無用の長物。
せいぜい仲間のネズミの毒見役として重宝されるだけ。
しかしいつか人間のように思う存分料理をして、一流レストランのシェフになる事を夢見ていた。
ある日巣を追われ、仲間ともはぐれてしまい、一人ぼっちでパリのレストランにたどり着く。
そのレストランはレミーが尊敬する料理人の、グストーのレストランだった。
そのレストランにはイングイニと言う気の弱そうな男が、雇って欲しいと頼みに来ている所だった…


感想
レミーとイングイニの種族を超えた友情物語。
レミーと他のネズミの仲間との絆の物語。
イングイニとコレットの恋愛物語。
イングイニの驚きの出生の物語…

と、まぁ色々と詰め込んでありました。

しかし、約2時間は長いです。
途中は中だるみ〜。
別にイングイニとコレットの恋愛は別にどーでも良いよ
イングイニの出生がバレて、記者会見とかも

それよかレミーとの友情物語をもっと前面に出して、時間も1時間半位にまとめれば良かったと思う。

レミーはいくら料理が上手くても、所詮はネズミと言う事なのね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『レミーのおいしいレストラン』 感想 Key of Fun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる