Key of Fun

アクセスカウンタ

zoom RSS 『鋼の錬金術師』第63話「扉の向こう側」 感想

<<   作成日時 : 2010/06/27 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

ついに「フラスコの中の小人」との決着が付く。
そしてエドはアルを取り戻す為に、決断をする…


エドVS「フラスコの中の小人」
最後は肉弾戦なのね…
こう言う所は少年漫画の王道ね。

しかし「フラスコの中の小人」は諦めが悪い。
グリードの中の賢者の石を手に入れる為、グリードを吸収しようとする。
グリードの中では、必死にリンが抗うが…
グリードのついた、最初で最後の嘘。
グリードが本当に欲しかったものは、実は手に入れていたのかもしれない
それに気が付かなかっただけ。
それに気づいたからこそ、「お父様」に反抗し、リンを助けた。
最後まで、自分の好きなように生きたよね…グリードって

グリードを取り込むことにも失敗した「フラスコの中の小人」
そこへエドの一撃が決まる。
取り込んでいたクセルセスの民も解放され、真理の扉の前に連れて行かれる…
絶望には絶望を…
この世の全てが知りたかった「フラスコの中の小人」
その答えは、誰も知らない…

「フラスコの中の小人」との激闘の末…
しかしアルは戻ってこない。
リンは賢者の石を「通行料」に使えと言うが、エドは他の人の命を使う訳にはいかないと断る。
ホーエンハイムが自分の命を「通行料」にして、アルを助けろと言う。
エドとホーエンハイム。
いくら反発していようとも、エドにとってホーエンハイムは大切な父親
だから自分を犠牲にしようとするホーエンハイムに怒ったんだよね。

エドは気づく。
そして最後の錬金術を使い、真理の扉の元へ…
真理の扉。
全ての人間の内にあるもの。
エドはそれを対価に、アルを取り戻す。
錬金術が使えなくなっても、皆がいる。
その答えにたどり着いたエドの表情は、晴れ晴れとしています

エドはアルと共に、みんなの元へ…


全て終わって、一人佇むホーエンハイム。
「フラスコの中の小人」は自分の血から出来たもの。
「フラスコの中の小人」が望んだのは、本当は自分が望んでいたものだと気が付く…

原作ではエドに「クソ親父」呼ばれされた後、苦笑いしながら「やっと親父と呼んでもらえた」と言うシーンなのですが…
アニメ版では「すまない…」と謝るに変わっていた事。
このシーンを見た時首をかしげたのですが、「フラスコの中の小人」を思い出したり、トリシャの墓の前で話しかけるシーンを見て、全て自分が元凶だとわかってしまったからこそ謝ったんだなぁ…と納得。
原作にはなかったからね。
ホーエンハイムの死は、案外あっさりとキレイに書いていたから。
それはそれで、良いのですが。
こちらのアニメ版も、ホーエンハイムの生きた年月を考えるとこれでも良いかなぁ…と。
最後にエドに「親父」と読んでもらえて、アームストロング少佐には「ありがとう」と感謝もされて。
最後に全て報われて。
でも何だかんだ言っても、ヘタレなのには変わらなかったけど。



次回はいよいよ最終回です。
長かったような短かったような…
でもまた、色々詰め込むのは想像出来る…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鋼錬「ホーエンハイム最期で最終回の様だ」
鋼錬は奪還&ホーエンハイム最期も ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2010/06/28 19:54
死闘完結。すべてが終わり、原作とは帰り方が若干違ってたが、あの男もまた妻の元へ赴いて逝くのでした(T...
 いよいよ、このアニメもラスト2回。  そしてこの話と次の話が、原作最終話の内容です。  今回は、最終話『旅路の果て』の前半。  詳し&... ...続きを見る
シュージローのマイルーム2号店
2010/07/09 00:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『鋼の錬金術師』第63話「扉の向こう側」 感想 Key of Fun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる