Key of Fun

アクセスカウンタ

zoom RSS 『鋼の錬金術師』第49話「親子の情」 感想

<<   作成日時 : 2010/03/21 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

グラトニーを取り込んでパワーアップしたプライド。
戦いはプライド有利に進んでいたが、そこへホーエンハイムが登場。
ホーエンハイムには、ある考えがあった…


プライドパワーアップ。
エド達は、苦戦しています

一方プライドの影から切り離されたアルは、ホーエンハイムの声によって意識を覚醒。
しかし自分のせいで、エド達を窮地に立たせた事を知り落ち込みます。

でも、落ち込んでばかりいないのが、アルです。
何とかエド達を助けようと、ホーエンハイムにある作戦を持ちかけます。

エドとプライドとの戦いに場に現れるホーエンハイム。
プライドは、ホーエンハイムを警戒しています。
そりゃそうだ。
飄々として、何考えているのかわかり難い んだもん。ホーエンハイムって。

プライドの注意がホーエンハイムに集中している隙をついて、アルが後ろからプライドを奇襲。
しかしプライドにはお見通し。
アルは捕まってしまう…
しかし それすらも、アルの作戦だった。
アルは自分自身を囮に使い、プライドをホーエンハイムの作った光の入らない土蔵へ閉じ込める事
だった。

「俺の息子を甘く見るな」
真面目に決める所は決める、ホーエンハイムがカッコイイです。
でも、エドは激怒。
アル自身が危険な目に遭うのは、やっぱり嫌だもんね。
この作戦はアル自身が決めた事だと聞いて、モヤモヤしながらも納得。
自分自身が出来る最良の事を、アルは選んだ事を知ったから。

アルはプライドと会話…
プライドのブラットレイ婦人とのエピソード。
ほんの少しでも人間らしい気持ちが芽生えてくれたら、今の展開は変わっていたのかもしれないね。
家族ごっこではなく、本当の家族として生きていけたら良かったね。

グリードはこの隙に、中央の「お父様」の所へ?
強欲の本領発揮か?
どんな卑怯な手を使おうとも、欲しいものは欲しいってか?

スカーも中央へ到着。
途中のスラムで、メイと大総統の事を知る…
そしてエドと合流…

エド達は今後の事を、色々と話し合い…
そしてついに長い長い一日…『約束の日』が始まる…

エドの決意。
やっぱりエドは、赤いコートを着用してなくちゃね。
しかし、何か見せ方に不満が…
原作ではエドの決意が背中に見えて、これからの事を期待させるに十分だったのですが…
何かちょっと、足りない気が…

ロイはヒューズの墓参り。
これからやろうとしている事を、報告にいったんだろうね。
そしていよいよロイも、本格的に動き始めた…


って、やっぱりこの分じゃ原作追いついてしまうよっ
しかし…どうせならロイとエンヴィーの戦いを、見て見たいと思ってしまう…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鋼の錬金術師「約束の日スタート」
鋼錬はホーエンハイムが&セリム閉じ込めも ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2010/03/22 21:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『鋼の錬金術師』第49話「親子の情」 感想 Key of Fun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる