Key of Fun

アクセスカウンタ

zoom RSS 『コードギアスR2』16話「超合集国決議第壱號」感想

<<   作成日時 : 2008/07/27 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

皇帝行方不明。
その為ブリタニア本国では、大騒ぎです。
そしてそれを見逃すルルーシュではなく、さっそくこの機会に着々と作戦を進めていきます。
しかし嚮団の襲撃を周りには秘密にしている為か、一部のメンバーには不信感が芽生えています。(朝比奈とかね)

これはマズイです
皇帝が行方不明なのは確かに好機だけど、仲間に不信感を与えてはいけません。
それでもOKと割り切れる人ならまだしも、朝比奈は藤堂さんがいるから黒の騎士団にいるのだから。
いざとなったら、ゼロよりも藤堂さんを取るだろうし。
まぁ、シャーリーが殺されたりして色々とあったけどさ。


スザクはカレンに薬を使おうとした事を、誤りにいきます。が、反対にボコボコに。
カレン…さすがに強いです。
つーか、良くやってくれたよっ。カレンっ
見ていて胸がスカッとしたよっ

そしてスザクは、グルグルと悩みの渦の中へ…
皇帝が行方不明になって、ナナリーが利用される事は取り合えず免れた。
でも…
悩んでいるスザクの元に、アーニャ登場。
相変わらす携帯を片手に、色々と記録しています。

どうやらアーニャは、自分が覚えている8年前の事と、自分が書いた筈の日記の事と記憶が違うようだ。
他にもそう言う風な、覚えている記憶と携帯に記録している記憶と違う事が良くあるようです。
だから何時も、携帯で記録していたんだな。
スザクは皇帝のギアスの力を、思い出しますが理由まではわからない…

ここで改めて、アーニャの過去の事に付いて浮上。
やっぱりマリアンヌと関係が、あるのか?
それよりも、8年前の日記の内容が気になるんですけれども

スザクがグルグルしていると、ナイト・オブ・テンのブラッド・リー登場。
性格は好戦的。スザクとは仲が悪い見たいです。後、ジノとも悪そうです。
黒の騎士団の次の目標は、日本。シュナイゼル殿下の指揮の下、日本へ色々な人達が集まってきます。

カレンは本国には送られず、人質として活用するみたいです。
カレンは無事、脱出出来るのか?
それに紅蓮は?ロイドさん達が色々と趣味に走ったようで…
ランスロットの方も…ニーナが新しく作った武器…余りにも強力な為、スザクは取り付ける事を躊躇します。
そこでニーナ、また「ユーフェミア様の騎士なのに…」発言っ!
えーいっ、もういい加減にしろっ!と、言いたいっ!
ユフィは大量虐殺なんて、本当は望んでいないんだよっ!
自分が他のブリタニア人以外のナンバーズが嫌いだから、ユフィの仇に託けて殺そうとしているんだよっ!


一方、ルルーシュは着々と合集国建国へ準備を進めていきます。
途中、C.C.の世話をしたりして。
何だかんだ言っても、ルルーシュって面倒見が良いのよね。
ワザワザC.C.の為に、ピザを用意して。そしてやっぱり、C.C.はピザ好き
ここで気になったのは、C.C.の記憶…では無く、呼び方。
お前です。お前。折角C.C.の本名が解ると思ったのに…つーか、ルルーシュ知っているだろっ。名前ぐらい呼んであげなよ…

着々と準備は進みます。
千葉さん、いよいよ藤堂さんに告白かっ!しかし藤堂さんは、ワザとその話題には避けているよう…
扇さん、生きていた。そして、戻って来た。あれ?ヴィレッタさんはどうしたの?愛の逃避行…はしないのね…
オレンジはギルフォード卿に電話。やっぱり、コーネリア様の事何だろうなぁ…

合集国として、無事に各国の調印も済み…
合集国は武器を持たない事を宣言。そのかわり黒の騎士団を、戦いが必要な時に雇う事に。
黒の騎士団はあくまで、独立した存在なんですね。
今はまだ、ゼロを中心として回っているから良いけど…チョロチョロと不信の芽が出ているからね…大丈夫かな?

無事に終わりそうに見えたが…そこへ皇帝の電波ジャック。やっぱり、生きていたか…
おいしい所で出てくるのは、さすが親子と言えよう…
ルルーシュ、当然焦ります。
自分の正体はとっくに皇帝にバレている訳だし、ナナリーの身の安全を思えば当然と言えるでしょう。
良い作戦が見つからず、イラつくルルーシュ。
そんなルルーシュでも、ご機嫌を取ろうとワザワザ一切れだけ残していたピザを差し出すC.C.。

…本当に、性格が全然違うよ…C.C.…
今までなら散々ルルーシュをこき下ろして、ピザを要求しただろうに…
ルルーシュのせいで怪我までしたのにさ「今までに比べたら平気です」って、どんだけ苦労していたんだよ…
寒い時は自分で傷を付けて、その傷の痛みで寒さを凌いでいたなんてっ!辛すぎるよ…
…でも傷、治らないね。やっぱりコードを失った事によって、普通の身体になったの?

C.C.の怪我と言葉で、冷静さを取り戻していくルルーシュ。
心の傷を治してくれる、友達がいれば良かったと言うC.C.。
身体の傷は治るけど、心の傷は…結局、友達も出来なかったC.C.。
ルルーシュは最後の最後で、ナナリーを守るためならとスザクに協力を求めます。
まさに、苦渋の選択。
ルルーシュにしては、ナナリーを助けるのは自分だけだと思っていた事でしょう。
しかし当然ながら、スザクはルルーシュの頼みを拒否。
ルルーシュの方も、なりふりは構ってられない。
あのプライドだけは、べらぼうに高いルルーシュがスザクにお願いですよっ!ナナリーのためならっ!
スザクはルルーシュの願いを聞く代わりに、条件を出してきた。
一人で枢木神社に来い。と…


いよいよ次回は、ルルーシュとスザクの直接対決。
和解…は、無理だろう…
でも、多少は2人の仲が前進して欲しいなぁ…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話 「超合集国決議第壱號」
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 ...続きを見る
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
2008/07/28 23:47
コードギアス反逆のルルーシュR2第16話「超合集国決議第壱號」
 アーカーシャの剣に飛ばされたルルーシュ。そこで対峙したのは、最強の敵ブリタニア皇帝。互いにギアスを持っているが、ルルーシュは鏡を使って、直接眼を見る事無く、皇帝に死ぬ命令のギアスを掛ける事に成功した。しかしV.V.を殺しコードを奪っていた皇帝。ギアスの代 ...続きを見る
アニメのストーリーと感想
2008/08/01 20:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『コードギアスR2』16話「超合集国決議第壱號」感想 Key of Fun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる