Key of Fun

アクセスカウンタ

zoom RSS 『名探偵コナン 戦慄の楽譜』感想

<<   作成日時 : 2008/04/28 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

毎年恒例のコナンの映画。
今年も行って来ました。

去年の作品が自分的に微妙〜だったので、今年はどうかなぁ…と期待半分不安半分。
結果…面白かったです

まだ見ていない人の為に、詳しい内容は書きませんが…

ちゃんと推理しているよっ
始め、今回は音楽がテーマと聞いた時
「…たしかコナンって、音痴って設定だったよね…大丈夫かいっ?」
などと思ったのですが…
コナンの歌の下手さは相変わらずでしたが、まぁそれは物語の重要な鍵では無いので何とでも。
でもコナンの耳は音楽家の耳ではなく、探偵の耳だと私は思うぞ。

まぁ欲を言えば、犯人の動機がちょっと弱かったかなぁ…と。
でも今の犯罪者って、ちょっと注意されただけで人を殺したりするからね。
原作者の青山先生も、何かのインタビューで「動機を考えるのが大変」と言ってたし。
これだけ長く続くのだと、映画の脚本家も大変だろうからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コナン戦慄の楽譜(116作目)&疾風&探偵
戦慄の楽譜は地上波でして鑑賞したのだけども ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2010/05/03 22:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『名探偵コナン 戦慄の楽譜』感想 Key of Fun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる