Key of Fun

アクセスカウンタ

zoom RSS 『地球へ…』23話「地球へ…」感想

<<   作成日時 : 2007/09/19 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

地球へと、たどり着いたジョミー達。
しかしそこに見たものは、想像とはかけ離れた姿だった…
一時は、絶望にも似た感情を覚えるジョミー達。
けれどもSD体制を壊す事が、今まで犠牲になった仲間達に報いる事だと改めて決意を新たにする。
そして、人類との交渉のテーブルへ…


しょっぱなからトォニィのシャワーシーンという、ファンサービスをやってくれました。
苦悩する姿…好い感じです。(←こらっ)
最終回が近づいて来た、せいでしょうか?

キースも苦悩しています。
マザーにミュウとの交渉の判断を任されたり、SD体制とミュウ因子の関係についての答えを聞いたりしたせいで。
キースはSD体制に不満はあったけれども、それが正しい事だとずっと信じていたからね。
しかしここにきて、マザーの態度。
おまけにマツカとサムの死という、2重のショックが心にあるんだろうね。
その結果、最初に決めたミュウ殲滅の決定を最終的には覆してしまったんだろうね。
今まで本当に機械的に命令をこなしていたキースばかりだったから、何だか始めの頃の悩んでいたキースを見るようで好い感じだぞ。

一方ジョミーは…り、リーダーだよ…
始めの頃は悩んでいてグルグルだったのに…成長したねぇ…
ナスカの事とか、ブルーの死とか色々あったからねぇ…
映画版ではナスカ爆発の後、ジョミーは目と耳が不自由になり、引きこもりになるのですが…
TV版ではジョミーのリーダーとしての、素質が表される作りになってましたね。
まぁ、引きこもりになった挙句、最後に出てきて皆をまとめました。じゃ、TV版としては面白くないからだろうけど。
ジョミーが主役だからね。
活躍する姿を、書かなければいけないだろうし。

交渉に付いてきたフィシス。
目的はブルーの仇をとる為…
………キースはここでフィシスに討たれることを、覚悟していたんだと思います。
フィシスはキースにとって、母親みたいな存在…(フィシスの遺伝子によって、作られてから)
自分を創ったモノの手で、殺される…
しかしフィシスは、銃を構えるものの引き金を引くことができなかった…
キースはブルーの仇なのに…憎しみがどうしてか、わかない…
2人の…2人にしか わからない。そして、2人にも わからない感情…
なんだかせつないです…


いよいよ、交渉のテーブルについたジョミーとキース。
2人の隠し事の無い、心での対話。ジョミーの思い、キースの思い…

ここでキースは、ジョミーに心に入り込まれます。
もうキースは、そうとう参っていたんだと思う…
正しい事が何なのか、解らなくなってきたしね。
でもって、最終的にはやっぱりマザーですかっ?
う〜ん…最後まで引っ張りますね…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(アニメ感想) 地球へ… 第23話 「地球へ」
地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】 ...続きを見る
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
2007/09/20 15:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『地球へ…』23話「地球へ…」感想 Key of Fun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる