Key of Fun

アクセスカウンタ

zoom RSS 『コードギアス』第4話 感想

<<   作成日時 : 2006/11/29 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

いよいよルルーシュ、『ゼロ』として登場。
まず始めに、とらわれの姫…無実の罪で捕まった、スザクの奪還。
それとレジスタンスの指導者として、周りを納得させる事も同時にやります。

さすがにレジスタンスの面々は、『ゼロ』の事を胡散臭がっていますね。
まぁ、いきなりやって来て、俺様で命令口調。誰だって、信用しないって(^^;)
「顔を見せない奴は、信用できない」の言葉に、「いいだろう…」って、いきなり正体ばらすのかっ!「だが、見せるのは顔ではなく、力だ」
う〜ん…やっぱり正体はあかさないのね。
それは、物語後半のお楽しみって事で。
それにしても『ゼロ』のマスクといい、マントといい、あれってルルーシュの趣味?何とも…言い表せ無い…

一方、つかまったスザク。
顔に痣つくちゃって、傷めつけられていますね。
無実だと主張しても、誰も聞いてはくれない。
だってこれからの政治的にも、軍事的にも話を進めて行くには格好の相手だしね…
スザクは裁判で無実を証明するつもりみたいだったけど、どうも出来裁判みたいで。
それでもそれを受け入れると言っているあたり、馬鹿と言うか…くそ真面目と言うか…

ここで、どうやらスザクは日本最後の首相の血族である事が判明。
う〜ん。スザクにも大きなバックグランドが付いていたか…


いよいよスザク奪還作戦。
『ゼロ』ははったりとギアスの力を使って、スザクを奪還!
でもやっぱりカレン達は始めは、絶対無理と思っていましたね。
つーかいくらハリボテでも、よく検問通ったな…わざわざ報告しなくても、よく見ればわかっただろうに…

『ゼロ』はスザクを仲間に誘いますが、スザクの答えはNO。
スザクは結果だけでなく、その過程を大切にする奴だったようで。
おまけに自分が死ぬ事で、他の人が助かるなら構わない。とまで、言うし。
平和な時代だったら、いい人なんだけどね。
この時代は、混沌とした戦争の時代だよ…早死にするタイプだよなぁ…
でも、一応助けた事にお礼は言うのね。
ここでもくそ真面目さ、全開です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レビュー・評価:コードギアス 反逆のルルーシュ/stage4 『その 名 は ゼロ』
品質評価 24 / 萌え評価 39 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 28 / お色気評価 5 / 総合評価 20レビュー数 242 件 ...続きを見る
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・...
2007/08/01 18:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『コードギアス』第4話 感想 Key of Fun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる